SALE価格! TREK(トレック)EMONDA S5(エモンダ S5)BK

こちらのカラーはMatte Trek Black

  • こちらのカラーはMatte Trek Black

11速化の新型105が搭載されたNEWバイク

TREKの新しいロードバイクシリーズ「EMONDA」(エモンダ)。他社を比較しても、トレックのほかのシリーズを比較しても、軽量化にこだわったフレームが自慢です。
2016年モデルTREK(トレック)emonda S5(エモンダS5)は11速化されたシマノ105が搭載された注目のモデル。より軽く、より快適にと進化したフレームに加え、最新のコンポーネントでハイパフォーマンスを発揮してくれます。
これからロードバイクを始めようという方から、カーボンバイクへのステップアップを考えている方などにおすすめのロードバイクです。

¥240,000→\199,000(税込)

カラーMatte Trek Black/Fastback Orange, Crystal White/Trek Black
サイズ44, 47, 50, 52, 54, 56, 58, 60, 62
フレーム300 Series OCLV,Duo Trap
フォークTrek carbon road/E2
ホイールAlloy hubs, Bontrager Approved alloy rims
コンポShimano 105
試乗車(サイズ54)あります。

軽量ロードバイクのカーボンモデルと言えばコレです!試乗車もありますよ!

スタッフ
森田

TREK(トレック)EMONDA S5(エモンダS5)の特徴

エモンダS5 トレック

2016年モデルのエモンダS5はマッド質のブラックにホワイトのロゴがシンプルながらカッコイイデザインとなっております。
"削ぎ落とす"という意味のフランス語の動詞「émonder」に恥じない軽やかな感じになっているのでこれから始めてみようかなという方から既に乗り慣れている方まで幅広くオススメできるモデルになっております。
車体の重量は完成車で約8.7Kg(フレームサイズ52)と軽量ですのでヒルクライム等の登坂性能は抜群。ホイールなどパーツのアップグレード次第ではさらに伸びしろを期待できるロードバイクに仕上がっています。

TREK(トレック)独自技術OCLV300カーボン

エモンダSシリーズのフレームOCLV300カーボン

TREK(トレック)といえばコレ!といっても過言では無い、OCLVカーボンがフレーム素材に使用されています。
OCLVとはOptimum Compaction, Low Void(超高密度圧縮・超低空隙率)の略で、高圧で圧縮してカーボンの中に混入している空気を限界まで減らすことで体積・重量に対する剛性を高く作ることが出来ます。これによって同じ厚みのカーボンでバイクを組んだ時、OCLVカーボンはより軽くより硬く作ることが出来ます。エモンダS5のOCLV300カーボンは特にしなやか系のカーボンが採用されており快適かつ剛性も保たれているのでロングライドも得意です!

快適性を生み出すE2ヘッドチューブ

エモンダS5 ヘッド

ハンドルの下、フロントホイールを支えるフォークを更に支えているのがヘッドチューブ。コーナリングやダンシングの操作に影響する部分です。E2ヘッドチューブは上部1-1/8"、下部1.5"の太さが異なるテーパード加工で、横幅は前後幅に比べて広くなっています。この非対称のステアリングシステムにより、重量を抑えながら力の伝達を最大化し、コーナリングの負荷に耐えるフォークの剛性を実現しています。下り坂でスピードに乗った時のコーナリングでもフレームがしっかり体重を支えて安定した操作感が得られるので、コーナリングが苦手な人でも操作しやすく、初心者から玄人までおススメできます。

埋込み式センサー「デュオトラップ」対応

エモンダS5 デュオトラップセンサー内蔵可能

速度や距離、心拍数や果ては走行ルートのログなどを記録できるサイクルコンピューター。そのコンピューターのセンサー『デュオトラップセンサー』をフレームに内蔵することが出来ます。従来のセンサーはフレームにナイロンバンドなどで括り付けるタイプが殆どですが、内蔵式にすることでよりスマートな外見に。もちろん実利的にもメリットがあり、従来の外付けタイプでは輪行やメンテナンスなど自転車の作業を行う際に不意に何かがセンサーにぶつかって位置がズレて、コンピューター本体とのリンクが途切れることがよく起こりましたが内蔵型ならその心配は無縁に!通信規格は様々なサイクルコンピューターで使用されるAnt+(アントプラス)、スマホにリンク可能なBluetooth smartの両方に対応。サイクルコンピューターで速度と距離を表示させつつ、アプリを導入すればスマホ側で記録を取ることも出来ます。

高性能コンポ、シマノ11速105搭載

emonda s5 コンポーネントはシマノ105をフル採用

コンポーネントは変速器、ギヤ、チェーン、ブレーキ、シフトレバーまで全てシマノ105を装備!
シマノのパーツでは105グレード以上からリアの変速が11速化され、ギヤを細かく選択しながら走ることが出来ます。ロングライドヒルクライムでは最適なギヤ比を選べるというだけでも体力が温存しやすくなります。105以上のグレードのパーツも同じ11速なので、変速にかかわるパーツをグレードアップしたいという時も上位グレードとの互換性があるのも安心です。たとえば10速の変速機が付いている状態でより変速操作をスムーズにしたい時に、変速器を105等にアップグレードする場合は変速に関わるパーツを全て変更する必要がありますが、105が搭載されたエモンダS5ならば変速機のみといったパーツごとのアップグレードが可能です。

EMONDA(エモンダ)のラインナップをチェック

2016年モデルEMONDA S4(エモンダS4)

2016年モデルEMONDA S4(エモンダS4) 画像クリックでエモンダS4のページにジャンプできます

TREK(トレック)emonda S5(エモンダS4)はOCLV300シリーズのカーボンを採用し、コンポーネントは全て新型のシマノTigraが搭載された注目のモデル。
非常に乗り心地が良く、車体重量も軽いのでロングライドはもちろん、ヒルクライムでも抜群の威力を発揮します。
ホイールをアップグレードすることで車体のグレードアップの伸びしろを期待できる仕上がり。
カラーリングはホワイトベースにTREKロゴがブルーとさわやかな仕上がり。

2016年モデル EMONDA S4(エモンダS4)の詳細はこちらから

2016年モデルEMONDA SL5(エモンダSL5)

2016年モデルEMONDA SL5(エモンダSL5) 画像クリックでエモンダSL5のページにジャンプできます

今モデル大注目のロードバイク、EMONDA(エモンダ)。トレック史上かつてない軽量ロードバイクシリーズです。
なかでもエモンダSLシリーズはOCLV500カーボンを使用し、軽量でありながらも高い剛性を併せ持ちます。
エモンダSL5は今年11速化を果たしたシマノの105コンポーネントを搭載し、操作性も申し分ありません。EMONDA SL5(エモンダSL5)は30万円以下で本格的な走りを手に入れられるバイクプラスおすすめのロードバイクです!

2016年モデルTREK EMONDA SL5(エモンダSL5)の詳細はこちら

EMONDA S5を動画でチェック!

最新ブログ

エモンダS プロジェクトワン

お知らせ

2017/02/12

世界に一台しかないEmonda Sプロジェクトワンを特価にて販売!!

バイクプラス港北店の試乗車モデルEmonda Sプロジェクトワンを特価にて販売します。世界に一台しかないモデルですのでご興味がある方はお早めに!

爽やかなブルーが魅了します!

スタッフ
松野

高校大学入学祝いで人気のトレックバイクのサムネイル画像

お知らせ

2017/02/10

おすすめスポーツ自転車ベスト5!|高校・大学入学祝いで選ばれるトレック

最近問い合わせを多くいただく高校・大学入学祝いで人気のスポーツ自転車をロードバイク・クロスバイク・MTBなどを一挙ご紹介!

伊豆大島、自転車でサイクリング

2017/02/01

輪行サイクリング

輪行サイクリング|ロードバイクで伊豆大島を一周!!【大島一周編】

後編の大島一周編をお送りします。起伏の多いコースをヒーヒー言いながら楽しんできました!

いろんな観光スポットを回ってきました!

スタッフ

ウェア セール 2017

2017/01/30

お知らせ

秋冬のウェアーがただいま最大40%オフです!!

まだまだ寒い冬は続きます。温かいウェアー・グローブを身にまといロングライドやポタリングを楽しんじゃいましょう!

トレックセガフレードジャージのサムネイル画像

2017/01/23

お知らせ

trek-segafredo(トレック・セガフレード)チームウェア注文受付中です!

新たにsportfulがウェアーにスポンサーになりTrek Segafredo(トレック・セガフレード)のチームジャージが予約受付中です!!他のアイテムもこれからの季節に向けて入荷予定です!

赤を基調としたデザインがカッコいい!

スタッフ

関連リンク

ロードバイクとは?

ロードバイクとは?

このタイプの自転車の軽快性や俊敏性がもたらすスピード感は格別です。まるで羽が生えたかのような感覚で、とても気持ち良く進んでくれます。

ヒルクライムに挑戦!

ヒルクライムに挑戦!

軽量なロードバイクは特に登坂でその威力を発揮。ヒルクライムは達成感が格別なのでレースイベントは数千人規模。ヒルクライムは大人気です!

ロングライドに挑戦!

ロングライドに挑戦!

ロードバイクはフレームの設計やハンドルの形状などが長時間快適に運動ができるように作られています。慣れは必要ですがロングライドはどなたでも楽しめるサイクリングです!

他の自転車を選ぶ

ページの先頭へ戻る